外国人技能実習制度の概要と課題

###Site Name###

TOP > 外国人技能実習制度の概要と課題

日本は戦後、急速な経済成長を遂げたことで、先進国の仲間入りを果たしました。

日本の職人が持つ技術力は世界中で注目されていますが、隣国である中国・東南アジアなどの発展途上国では、とりわけ高い関心を集めています。


発展途上国は自国の成長のために、先進国である日本の力を必要としています。途上国の発展には、そこに住む国民の成長が必要不可欠です。

カンボジアの技能実習生を利用するなら此方のサイトです。

国民が専門的なスキルを身に着ければ、国内外から仕事が入ってくるようになり、国の経済が活性化するからです。諸外国から熱意のある若者を招いて、日本の職人が持つ知識や技術を伝承する外国人技能実習制度は、国際貢献を目的として始められた制度です。

技能実習制度を実施することは、途上国だけでなく日本側にも利益をもたらします。


日本は先進国の中で少子化が著しく進んでいる国で、特に第一次産業における労働力不足が深刻になっています。

若い外国人が日本の技術を学びに来ることは、一時的ではありますが労働力不足の解消につながります。



技能実習制度を利用して訪れる外国人は「研修生」と区分されるため、厳密には労働者ではありませんが、高齢化が進んでいる現場において、研修目的で参加してくれる若者は大変ありがたい存在なのです。

外国人技能実習制度は良い点ばかりではなく、課題もいくつか残されている制度です。

日本国内で近年問題となっている、長時間労働や賃金未払い、パワーハラスメントの被害が研修生にも降りかかっています。

制度の見直しや改善は少しずつ進んでいますが、残されている課題は多いです。